今までは土地や建物を賃貸物件としているときには、貸している人よりも借りている人の方が有利な法律になっています。そのため、契約期間が終了しても契約の更新など簡単には賃貸物件の返却をスムーズに行うのが難しかったです。これは借地借家法により賃借人が保護されているためです。

平成12年の借地借家法の大きな改正により、賃貸人が有利な法律が加わります。それが賃貸人が期日を設けて土地や建物を貸すことができる法律がです。この法律により一定期間だけ貸すことができ、この期間が終了すると契約自体が終了して借りていた借地や借家については、賃貸人に返却することになります。この新たな法律である定期借家権の法律が新しくできたことで土地や家を貸すときに今までより有利な契約を結ぶことができます。

この法律は、欧米では多く利用されている法律ですが平成12年より日本でもこの法律が利用できることになり新たな賃貸借の形をとることができます。それがリロケーションと呼ばれるものです。このリロケーションの契約については、いろんな形式やメリットがあります。また、不動産の法律に詳しくない人でもリロケーション会社を利用することで安心して自分たちの大事な財産を貸すことができます。新たに施行された新しい法律で15年しか経過していないため、まだまだ世間一般的に浸透していない賃貸契約になります。そこで次のページからリロケーションについて説明させていただきます。

Published by 運営者