平成12年の借地借家法の改正により賃貸人にとって新たな契約により不動産物件を貸し出すことができます。この新たな法律の中にリロケーションに適した法律が新たに増えて利用できます。しかし、すべての不動産物件にリロケーションが適用されるわけではなく、条件に適した不動産物件がリロケーションとして契約することができます。

法律の改正により定期借地権や定期借家権の契約を新たに行うことができその中で定期借家権の契約についてはリロケーションを利用することができます。リロケーションとして適している不動産物件としては、事務所等の不動産物件ではなく現在賃貸人が居住しているまたは新たに入手した居住物件を賃貸することになります。

リロケーションとして契約する場合には契約期間を定めて貸し出すことになります。このためリロケーションとして適している不動産物件では、諸事由によって現在住んでいるマイホーム等を空き家にする場合にリロケーションとして貸し出すことができます。また、リロケーション物件を取り扱う不動産会社があるので、このリロケーション会社を利用して貸し出すことができます。不動産の法律に詳しくない人は、リロケーションを取り扱っている不動産会社を利用することになります。

Published by 運営者