家という財産は、人が住んでいても経年劣化など傷んできますが、人が住まなくなると建物の傷は住んでいる時よりも進んでしまいます。そこで住まなくなったマイホームをリロケーションとして貸し出す方法があります。

リロケーションとして貸し出すことができる物件では、一般的には最低でも2年間進めることが1番良い条件となっているので、2年以上現在住んでいるマイホームから別の居住建物に住む場合には適した条件となります。リロケーションとして貸し出すことができる物件でも、できれば長く貸し出すことで定期的な家賃収入を見込むことができます。 1番多くリロケーションとして貸し出すのは、転勤等で遠方に異動するため家族で転勤先に住むため現在のマイホームを空き家になるため貸し出すことになります。このリロケーションは定期借家権の法律により貸し出すことになります。

細かい規制や決まりが契約により行われますが、不動産会社を仲介することで契約による不安を解消することができます。また、遠方に転勤等することでマイホームの管理等を行うことが出来なくなるので、リロケーションを行っている不動産会社に管理を委託することで安心して新たな居住地に異動することができます。

Published by 運営者