転勤等の理由により現在住んでいるマイホームから別の場所に住むことになると、現在住んでいるマイホームの処置を行う必要があります。マイホームを現金一括払いで購入しているならば、新たな転勤場所に買い換えについて検討できますが、マイホームのローンを組んでいる場合には、現在のマイホームを手放す事は実質不可能になります。そこで転勤している期間にリロケーションとしてマンションを貸すことができます。

リロケーションとして貸し出すメリットでは、転勤している期間マイホームを貸し出すため不動産収入を得ることができます。この不動産収入をマイホームローンの返済に充当することで生活費の負担を軽減することができます。建物は人が住んでいないと早く傷むので、転勤等している間建物に住んでもらうことで建物の傷を遅くさせることができます。定期借家権の法律によりリロケーションとしてマイホームを貸し出すため、契約期間が終了した場合には必ずマイホームを明け渡すことになります。そのため契約期間終了事のトラブルを解消させることになります。また、第三者にリロケーションとしてマイホームを貸し出すため、親族や知人等に貸し出す場合と異なり、マイホームを破損した場合の補償についても契約に定めることで請求することができます。

Published by 運営者