メリットについて

転勤等の理由により現在住んでいるマイホームから別の場所に住むことになると、現在住んでいるマイホームの処置を行う必要があります。マイホームを現金一括払いで購入しているならば、新たな転勤場所に買い換えについて検討できますが、マイホームのローンを組んでいる場合には、現在のマイホームを手放す事は実質不可能になります。そこで転勤している期間にリロケーションとしてマンションを貸すことができます。

リロケーションとして貸し出すメリットでは、転勤している期間マイホームを貸し出すため不動産収入を得ることができます。この不動産収入をマイホームローンの返済に充当することで生活費の負担を軽減することができます。建物は人が住んでいないと早く傷むので、転勤等している間建物に住んでもらうことで建物の傷を遅くさせることができます。定期借家権の法律によりリロケーションとしてマイホームを貸し出すため、契約期間が終了した場合には必ずマイホームを明け渡すことになります。そのため契約期間終了事のトラブルを解消させることになります。また、第三者にリロケーションとしてマイホームを貸し出すため、親族や知人等に貸し出す場合と異なり、マイホームを破損した場合の補償についても契約に定めることで請求することができます。

マイホームを貸し出す

家という財産は、人が住んでいても経年劣化など傷んできますが、人が住まなくなると建物の傷は住んでいる時よりも進んでしまいます。そこで住まなくなったマイホームをリロケーションとして貸し出す方法があります。

リロケーションとして貸し出すことができる物件では、一般的には最低でも2年間進めることが1番良い条件となっているので、2年以上現在住んでいるマイホームから別の居住建物に住む場合には適した条件となります。リロケーションとして貸し出すことができる物件でも、できれば長く貸し出すことで定期的な家賃収入を見込むことができます。 1番多くリロケーションとして貸し出すのは、転勤等で遠方に異動するため家族で転勤先に住むため現在のマイホームを空き家になるため貸し出すことになります。このリロケーションは定期借家権の法律により貸し出すことになります。

細かい規制や決まりが契約により行われますが、不動産会社を仲介することで契約による不安を解消することができます。また、遠方に転勤等することでマイホームの管理等を行うことが出来なくなるので、リロケーションを行っている不動産会社に管理を委託することで安心して新たな居住地に異動することができます。

不動産会社を利用する

平成12年の借地借家法の改正により賃貸人にとって新たな契約により不動産物件を貸し出すことができます。この新たな法律の中にリロケーションに適した法律が新たに増えて利用できます。しかし、すべての不動産物件にリロケーションが適用されるわけではなく、条件に適した不動産物件がリロケーションとして契約することができます。

法律の改正により定期借地権や定期借家権の契約を新たに行うことができその中で定期借家権の契約についてはリロケーションを利用することができます。リロケーションとして適している不動産物件としては、事務所等の不動産物件ではなく現在賃貸人が居住しているまたは新たに入手した居住物件を賃貸することになります。

リロケーションとして契約する場合には契約期間を定めて貸し出すことになります。このためリロケーションとして適している不動産物件では、諸事由によって現在住んでいるマイホーム等を空き家にする場合にリロケーションとして貸し出すことができます。また、リロケーション物件を取り扱う不動産会社があるので、このリロケーション会社を利用して貸し出すことができます。不動産の法律に詳しくない人は、リロケーションを取り扱っている不動産会社を利用することになります。